小梅の醤油漬けはフルーティー

初めてトライした小梅は、簡単な醤油漬けにしました。青梅を醤油に漬けるだけ。 1週間目位から食べています。 梅の実はとてもフルーティー。 疲労回復に気軽にパクリ。 カリカリにこだわらなくていいと思う。^^ 醤油は添加物を使っていない、本醸造を使っています。美味しいです。 酸っぱいけど、これまた爽やかフルーティーよ。 そのままドレッシング代わりにサラダに、冷…

続きを読む

「日本農業再生論」を読んだ。

奇跡のリンゴの木村秋則さんと高野誠鮮さんとの共著「日本農業再生論」は良かった。高野誠鮮さんは知らなかったのだが、ローマ法王に米を食べさせた男だそうだ。^^(TBSでドラマ化されたそうだ。) お坊さんであり、テレビの企画構成作家をされてたこともあり、めっちゃ行動的な市役所職員で画期的町おこしで話題になり、自然栽培による農業をJAと共に推進するなど、木村さんとのコラボも全国展開、世界展開されている・…

続きを読む

川竹文夫著「幸せはガンがくれた」

川竹文夫著「幸せはガンがくれた」心が治した12人の記録 読みました。 この本は、1995年だから、約20年前に書かれました。 著者はNHK文化番組を担当されていて、ご自身が腎臓ガンになったことをきっかけに、ガンを自然退縮させた方の取材を始められ、NHK教育テレビで番組を制作して放映したところ、大反響だったということです。 「ガンは治る。進行したガンも、手遅れになってしまった末期ガン…

続きを読む

矢野大輔著「通訳日記」は良かった。

矢野大輔著「通訳日記 ザックジャパン1397日の記録」を読んだ。 2010年から2014年ブラジルワールドカップまで、サッカー日本代表ザッケローニ監督の通訳を務められた方の日記だ。 どんな風に代表メンバーは選ばれているのか、どのように準備して試合に臨み、どんなミーティングがなされているのか、興味深かったです。 私はサッカーは好きでW杯の日本代表の試合は必ず見るけれど、書かれている戦術…

続きを読む

「ちょっと高くてもコッチ!」 いいです。

小藪浩二郎著「ちょっと高くてもコッチ!」は、食品添加物について書かれた、とてもわかりやすい本でした。オールカラーで、良い商品と悪い商品を比べて、成分表示の見方と説明が書かれています。 成分表示は必ず見て買っているし、慣れれば難しいことはないのですが、人に説明する時に使えるなあと思って、書店で見て即買いました。  一番は、信念と基準が合うなあと思いました。本当は手作りがいいけれど、買う…

続きを読む

「原発をつくった私が、原発に反対する理由」読みました。

元GE技術者 菊地洋一著「原発をつくった私が、原発に反対する理由」読みました。 著者は’73年~80年の間、東海第二原発と福島第一原発6号機の建設にたずさわった。原発メーカー、アメリカの超大企業GEの原子力事業部極東東京支社企画工程管理スペシャリストとして、当時は、巨大プロジェクトを完成させるべく皆一生懸命、命をかけて働いたのだそうだ。 しかし、作っている当初から安全性には疑問がいく…

続きを読む

伊坂幸太郎著「ゴールデンスランバー」最高傑作。^^

伊坂幸太郎の「ゴルデンスランパー」は超面白かった。ぴかぴか(新しい) 彼の作品はこれだけ読んだexclamation オーデュポンの祈り ラッシュライフ 陽気なギャングが地球を回す 重力ピエロ アヒルと鴨のコインロッカー フィッシュストーリー チルドレン グラスホッパー 絆のはなし 超人気ミステリー作家なのだが、風刺が効いているのと、元システムエンジニアだけあって、構成が緻密でかつ整然としているし、い…

続きを読む

いのちのごはん、きずなのごはん、神様ごはん

ちこ著「いのちのごはん」、「きずなのごはん」、「神様ごはん」がお気に入りで~す。るんるん ちこさんは大阪にある自然食レストランの店長。食べ物が持つ見えないいのちを大切に大切に、調理し、生活のすべてを丁寧に生きていらっしゃいます。若いのにすごいです。ダッシュ(走り出すさま) いや、若いからこそかなー。わーい(嬉しい顔) 私も純粋な(?)高校生ぐらいの時に知りたかったなーと思う。あせあせ(飛び散る汗) ちこさんは、思い悩んでいた高校時代に通った塾の先生、北…

続きを読む

石川真理子著「女子の武士道」

石川真理子著「女子の武士道」武士の娘だった祖母の言葉五十五 読みました。素晴らしかったです。ぴかぴか(新しい) 著者は、明治時代に武士の娘として生まれた祖母のもとで12歳まで育ち、祖母の波乱万丈ながらも凛とした人生を紹介しつつ、現代を生き抜く術を語っています。印象に残る祖母の言葉とそれと同じことを語っている論語を載せています。 明治維新、戦争、関東大震災と、貧しい中、身を粉にして働き、夫を支え、子供…

続きを読む

「武術と医術」

「武術と医術 人を活かすメソッド」は、古武術の甲野善紀先生と統合医療の医師 小池弘人先生の対談式の本だ。この取り合わせは意外な感じがしたが、深い本でありました。 卓球の平野早矢香選手、野球の桑田真澄投手、陸上の末續選手など、甲野先生の古武術を取り入れて成果を上げたことで知られています。 甲野先生には以前から興味がありましたが、玄米菜食にハマってから、思うことあって武術を始めたのだとい…

続きを読む

「食の堕落と日本人 新版」&「じつは怖い外食」

随分前に読んだ2冊の本をご紹介したいのだが、書こう書こうと思いつつ、読んだ感動と記憶が薄れてきております。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗) でも、題名は覚えているので。 まず、小泉武夫著「食の堕落と日本人 新版」は、著者は発酵博士として有名で、何冊か本を読んでおりましたが、この本で発酵博士だけじゃなかったんだダッシュ(走り出すさま) と知りました。 東京農大名誉教授で、農学博士。そして食文化もご専門。日本人の食文化と現代人の食生活の…

続きを読む

幕内秀夫著’粗食のすすめ’のすすめ~

17年ぶりに読み返してみました。わーい(嬉しい顔) 私が膠原病になって最初の頃に読んだ本ですが、改めて読んでみて、これ以上よくまとまっている本があるだろうかというくらい、バイブル的なすばらしい本でした。ぴかぴか(新しい)  当時、私はどのくらい理解して読んだのだろうか・・・。あせあせ(飛び散る汗) バランス良く食べるは間違っているというのは頭に残っているから、この本で学んだんだろう。 著者は管理栄養士で、帯津三敬病院などで癌の患者さん…

続きを読む

山元加津子著 本当のことだから

ドキュメンタリー映画’1/4の奇跡’がとってもいいのよー。ダッシュ(走り出すさま) と友達が言った。映画を見に行く時間はなかったけれども、友達が何度も繰り返した「とってもいいのよー。ダッシュ(走り出すさま) 絶対好きだと思うよーexclamation」が忘れられず、山元加津子さんの本‘本当のことだから‘を読んでみることにしました。 もうやだ〜(悲しい顔) 超いいexclamation 今まで読んだ数百冊のスピリチュアル本やら健康本やら、その他の本全部、いろいろいい本があって、それなりに身につ…

続きを読む

岡田恭子のハッピーマクロビオティック教室

いい本見つけました。るんるん ’12日間集中講座 岡田恭子のハッピーマクロビオティック教室’ 毎日の食事で慢性的な病気や不調を改善することができるマクロビオティック。説得力がありとてもわかりやすい食養講座と、具体的に何を食べたらいいのかすぐ実行できる基本レシピ、そして改善された人たちの体験談がいろいろ載っています。目 それが12日間集中講座という形でまとめてあって難しくなくって、プレゼントしても…

続きを読む

よもぎのペペロンチーノ

’若杉友子の野草料理教室 春’という本に載っていた「よもぎのペペロンチーノ」を作りました~るんるん おいしかったでーす。るんるん 濃いよもぎの香りが全粒粉パスタによく合います。 よもぎは去年のです。塩茹でしてあくぬきした後、冷凍保存してました。野草摘みの季節だから~るんるん、去年の分は食べてしまわないとね。わーい(嬉しい顔) この本はここでしか買えないという。↓ お米ダイニングサイト 私はお米ダイニング神…

続きを読む

大豆ミート DE ダイエット

植物性タンパク質は、実は動物性タンパク質より質が高くて健康的exclamation とはいっても、豆腐や豆類、お麩だけではお料理のレパートリーが限られ困っちゃいますね。わーい(嬉しい顔) ’大豆ミート’や小麦粉が原料の’グルテンミート’を使えば、お肉と同じようにいろんな料理を、おいしく黒ハート作ることができますよ。’ベジミート’という名前で売っているものもありますね。(自然食品店で買えます。) 乾燥したもの、缶詰のもの…

続きを読む

病気がイヤなら「油」を変えなさい!

油についてこんなに詳しくわかりやすく書かれている本があった~。ダッシュ(走り出すさま) 山田豊文著’病気がイヤなら「油」を変えなさい!’ トランス脂肪酸だの、飽和脂肪酸、不飽和脂肪酸、オメガ3,6,9。酸化しやすいだの、しにくいだの、なかなかわかりづらかった油について、よくわかりましたあ。揺れるハート 著者は杏林予防医学研究所所長。アメリカで学んで来られているので、動物性食品である肉類や乳製品が良くないこともわかり…

続きを読む

森下敬一の血液をきれいにして病気を治す自然医食療法

ベランダ菜園の本を探しに行って、ふと目に入った’森下敬一の血液をきれいにして病気を治す自然医食療法’。ペラペラ本 とめくると私と同じことを言っているではないか。わーい(嬉しい顔) 玄米はいいexclamation 塩はしっかりとれexclamation 肉、牛乳、卵が病気を引き起こすexclamation (お料理教室で卵はいいと言ってたから、私は卵は普通に食べてる。) 血液は腸で作られるという千島学説。それを認めるとあまりにも影響が大きいので、利権を守る人…

続きを読む

ミラクル 日本食で末期がんを治した女性の真実のストーリー

Mina Dobic著 「ミラクル 日本食で末期がんを治した女性の真実のストーリー」読みました。 著者は、ハリウッドやヨーロッパに日本の伝統食であるマクロビオティックを広め、そして高級ホテル リッツカールトンがマクロビメニューを導入するきっかけを作ったユーゴスラビアの女性である。 彼女は余命2ヶ月の末期卵巣がんを宣告され、友人に紹介された日本の伝統食マクロビオティックについて書かれた…

続きを読む

自然酒 香取も超うまい!

「発酵道」を読んで発芽玄米酒と一緒に注文した、これも寺田本家の純米自然酒「香取」も開けてみた。あまりのうまさに、一言書かずにはおれないexclamation わーい(嬉しい顔) うんまいひらめき これは酸味のある玄米酒と違って、日本酒っていう味なんだけど、湧き水のように飲みやすい。ぴかぴか(新しい)  しあわせってあるのね~。るんるんいい気分(温泉)

続きを読む

発酵道&発芽玄米酒

斎藤一人さんお勧め本ということで、寺田啓佐著「発酵道」を読みました。著者は、300年続く造り酒屋寺田本家の当主です。 老舗の造り酒屋に婿入りしたけど、なかなか経営がうまくいかずたらーっ(汗)、自分の病気をきっかけに、利益を出すことを一番に考えることから、人に喜ばれるお酒を造ることを一番に考えるようになり、昔ながらの方法で微生物を時間をかけて発酵させ、酵母が生きたお酒を造ることにしたという。目

続きを読む

甲田光雄vsサンプラザ中野 食べ方問答

出会ってしまいました。甲田光雄先生と西式健康法にexclamation 今まで’西式’って、本の背表紙は見たことがあるけど、手にとって読んだことが無かったのです。 健康オタクのサンプラザ中野くんに興味を持ったことによって、出会いましたねー、とうとう。(ちなみに私は爆風スランプ大好きで、CD何枚か持ってました。わーい(嬉しい顔)) 東城百合子先生+ローフード+断食療法みたいな。玄米は発芽玄米を粉に引いて食べるし(サンプラ…

続きを読む

愉しい非電化 藤村靖之著

目からウロコとは、こーゆーことねexclamation 目 藤村靖之著 「愉しい非電化-エコライフ&スローライフのための」は、面白かったです。価値観が変わりましたexclamation×2 生まれてからこの方、何も考えず電化製品のスイッチをただ押してきましたが・・・それでいいのだろうかって。雷 2m先のゴミを集めるのに、掃除機で上まで持ち上げ手元に持ってくるのと、ほうきでサッとチリトリに入れるのとでは、仕事量にして何万分の一。…

続きを読む

岡本裕著 9割の病気は自分で治せる

これはいいですexclamation×2 岡本裕著「9割の病気は自分で治せる」 お医者さんの著者が、儲け主義でなければやっていけない病院の事情を明かしつつ、おいしい患者にならにように、自分の身体にもうちょっと意識を高く持ちましょうと訴えてくれています。 生活習慣を見直し自己治癒力を高める。病院も薬もかえって逆効果ということが多いのです。結局身体は自己治癒力で治るもの。かわいい そして、患者をどれだけさばくか…

続きを読む

斎藤一人の不思議な魅力論 柴村恵美子著

納税額日本一の実業家 斎藤一人(さいとうひとり)さんの一番弟子が書いた、柴村恵美子著「斎藤一人の不思議な魅力論」を読んだ。 いいですいい気分(温泉) 手元に置いて何度でも読みたい。 今まで斎藤一人さんの著書「微差力」とあと「普通はつらいよ」などを読んでとても感動したんだけど、こちらはお弟子さんが書いているので、一人さんの人となりがわかるのと、自分がどう変わったか、ご自分の体験を通して書かれているの…

続きを読む

スローメディスン 上野圭一+辻信一

’スローメディスン~まるまる治る、ホリスティック健康論’は、上野圭一さんと辻信一さんの対談形式の本だ。 上野圭一さんは、アンドルー・ワイル始め、代替医療関係の本の翻訳者で鍼灸師。よくお名前を目にするので、どんな人なんだろうと興味があったのですが、おいたちや経歴も詳しく書いてありました。なんと最初はフジテレビの社員だったんですね。目 辻信一さんは、私がこのブログで一番最初…

続きを読む

「見えない力」で健康になる 川嶋朗著

’「見えない力」で健康になる’、思い切った題名を付けたなーダッシュ(走り出すさま) すごいすごいexclamation この本の広告を新聞で見つけ、早速読んでみました。るんるん 書き出しは、「医者には、あなたの病気を治すことはできません。」だ。わーい(嬉しい顔)揺れるハート 著者は、西洋医学と東洋医学を合わせた統合医療の東京女子医科大学付属青山自然医療研究所所長 川嶋朗先生です。 …

続きを読む

賢い人は、早く治る!知らない人は、治らない

いい本に出合っちゃいました。ダッシュ(走り出すさま) 松原秀樹著「賢い人は、早く治る!知らない人は、治らない」。著者は、神の手と呼ばれる整体師だそうです。ぴかぴか(新しい) 何度整体に通っても、良くならないのはおかしいのだ。整体師は、何度通わせるかじゃなくて、原因をつきとめて体質改善の方法をアドバイスしてあげなくてはいけないと言う。 私の考えと同じーexclamation×2 いい手本ができました。&#…

続きを読む

赤峰勝人著 ニンジンから宇宙へⅡ

赤峰勝人著 「ニンジンから宇宙へ」Ⅱを読みました。前回記事でもう絶版と書いてしまいましたが、購入できるようです。本に注文ハガキが入っていました。大変失礼しました。あせあせ(飛び散る汗) 良かったら、是非読んでみてくださいexclamation×2 発行者 ㈱なずなワールドのホームページはこちら 講演会の情報などもありますね~。目 で、Ⅱの方は、「ニンジンから宇宙へ」が出版されてから1…

続きを読む

バイブレーショナル・メディスン リチャード・ガーバー著

リチャード・ガーバー著’バイブレーショナル・メディスン’について、やっと書けますexclamation×2 全部きっちり読んでからと思っていたので。わーい(嬉しい顔) 波動医学について書いてある辞書みたいに分厚い本です。あせあせ(飛び散る汗)  代替医療に興味のある人には超おすすめですが、信じない人、迷信じゃないのという人にも超おすすめです。手(チョキ) 特に、男性、理系、左脳的な人とかに。ᣵ…

続きを読む

赤峰勝人著 ニンジンから宇宙へ

赤峰勝人著 ’ニンジンから宇宙へ いのちの循環を知り、土と人を生かす’を読みました。 ’奇跡のリンゴ’は読んだけど、この本は、1996年発行で、10年以上前から有機農業について、農家の人が書いた本があったのですね~。 この間書いた御茶ノ水の自然食品のお店GAIA内にある書店で見つけ、図書館で借りました。(すみません、買わなくて。他の本を数冊買ったもので予算が・・・。あせあせ(飛び散る汗))…

続きを読む

宇宙からの手紙

マイク・ドゥーリー著’宇宙からの手紙’は、読んでいるとどんどん前向きになり、元気になります。グッド(上向き矢印) 引き寄せの法則をわかりやすく説明した’ザ・シークレット’のDVDの方(本も出ています。)を見ましたが、著者はそこに賢者として登場している方です。 この本も要は引き寄せの法則なんですが、’宇宙’やや欠け月 さんが自分にくれた手紙なので、面白いんですよ。気づくことも多いし、…

続きを読む

奇跡のリンゴ 石川拓治著

「奇跡のリンゴ」はもう読みましたか? 私はやっと図書館の順番が回って来て、一気読みしました。副題は、「絶対不可能」を覆した農家木村秋則の記録。 著者のフリーライター石川拓治さんの文章力と心意気もあって、深い本になっています。目 青森の農家木村さんが無農薬でリンゴを作ることに成功した話なんですが、ただのリンゴの話じゃないんですよ。ダッシュ(走り出すさま) 福岡正信著「わら一…

続きを読む

「20円」で世界をつなぐ仕事

本屋で目に留まったので買いました。’「20円」で世界をつなぐ仕事’小暮真久著を読みました。 泣けますexclamation NPO法人 TABLE FOR TWO Internationalを立ち上げて社会起業家として成功したノウハウが入った本なのですが、それが何故か感動して泣けてきます。わーい(嬉しい顔) 人の思い黒ハートというか、ハートとハートを繋ぐ仕事だからです。 飽食の…

続きを読む

なにを食べたらいいの? 安部司著

’食品の裏側’の著者安部司の食品添加物の本、第二弾’なにを食べたらいいの?’はおすすめです。ぴかぴか(新しい)(第一弾ももちろんおすすめです。これについて書く前に第二弾が出ました。^^;) 著者は食品添加物の会社で営業をしていらした方で、’食品の裏側’に書いてあったのですが、加工食品を食べるとどの添加物がどの割合で入っているかがわかるそうですよ。(添加物ソムリエみたい?)それ程精通していてカ…

続きを読む

お天道様、ありがとう 東城百合子著

いい本です。東城先生、ありがとうexclamation ぴかぴか(新しい) 物が豊かになって、情報があふれ、何が正しくて、何が大事なのかわからなくなっている時代に、一番大事な事を教えてくれる。一行一行噛みしめて読みました。 戦後、高度成長と共に、女性の社会進出、男女平等、インスタント食品、レトルト食品が広まり、女性の意識も変わりました。ここ母三代で失ったものは大きいと言います。母親の手の大切…

続きを読む

水は答えを知っている

たまたま読んでいた本の中でこの本が紹介されていたので、どんな本かと読んでみました。 やっと出会えたなあ・・・と思って。わーい(嬉しい顔) 結構話題だったんですかね~。発売日が2001年だから8年間どうして出会えなかったのかとちょっと悔しかったです。まだ、心の余裕がなかったからなあ・・・。たらーっ(汗) 水にいろんな言葉を見せたり、音楽を聞かせたり、風景を見せたり、言葉をかけたりして、…

続きを読む

スロー・イズ・ビューティフル

まずコレ!は何にしようかなあと思ったけど、コレでしょう。最近、時間つぶしのため入った本屋で見つけました。’スロー・イズ・ビューティフル’ つっぱしっている時にはそんなに関心はないかも知れないけれど、疲れてる人には効くでしょう。 家電、パソコン、携帯電話、使い捨てグッズ。生活はいろいろと便利になったけど、短縮された時間はどこへ行ったのでしょうと書かれています。本当にどこへ行ったのでしょ…

続きを読む