タバコをやめる。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑳】 私が小学校に入る前だったかも知れない。うちで喫煙するのは祖母だけだったが、灰皿に置いてあったタバコを吸ってみたことがあった。それが、とってもおいしかったのである。何度か吸っていたら、とても怒られたのでやめた。 高校を卒業後上京して、友達に1本もらって吸ったタバコが、幼少の時に吸ったときの味がして、これだー!って感じで、その時…

続きを読む

ステロイドを飲む。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑲】 前に入院した時には、ステロイドを飲むには2,3か月入院しないといけないと言われた。副作用が強く、いろんんな病気にかかりやすくなるからということだった。その時はまぬがれて飲まずに済んだ。 しかし数年後、ステロイドを飲むことになった。10年以上前の話なので、薬の名前は忘れてしまった。少量なので入院はいらなかったが、少量とは言うが…

続きを読む

好奇心を取り戻す。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑱】 たまに誘われれば旅行に行ったりしたものの、普段はまったく会社と家の往復だった。体力がないから。あと、何かに興味を持ったとしてもお金がかかるので、何にも興味を持たないようになっていた。 眠くなくても何もすることがないので、しょうがないから10時には寝るという、ずっとそんな生活だった。 友達の家で3人でご飯を食べていた休日…

続きを読む

健康情報番組にハマる。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑰】 テレビの健康情報番組は必ず見ていた。一番の関心事が健康なのだからして、当然であった。わーい(嬉しい顔)あせあせ(飛び散る汗) そして、即実行する人であったexclamation 粉寒天をコーヒーに入れたり(コーヒーを止めたら良かったねー。^^;)、おろし生姜を紅茶に入れて何杯も飲んだり(チューブ入りの生姜を会社に持って行って、周りに、生姜臭いなーと言われながらも飲んでいた。…

続きを読む

化繊を避ける。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつを書いていこうシリーズ!⑯】 膠原病を発病する数か月前、ひどい湿疹が出た。どんっ(衝撃)赤くてヒリヒリしてかゆくて、動くと皮膚も動くのでとにかく痛かった。何週間続いただろうか忘れてしまったが、病院でもらったチューブ入りの軟膏をせっせと塗ったけど、あまり効き目はなかった。多分ステロイドだっただろう。 寝ると体が温まるので、かゆくなって起きては軟膏を塗るしかなく、寝れな…

続きを読む

電磁波を避ける。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑮】 病気になると、とにかく体に悪そうなものを避けたくなる。 前も書いたが、当時、たまたま見つけた漢方のお医者さんのサイトがあり、そのお医者さんは、とにかく寝室の電磁波の影響をチェックし、取り除くようアドバイスすると患者さんの不調が改善されるということを、毎回例を挙げながら詳しくブログを書かれていた。日中はテレビ、パソコン、電車e…

続きを読む

経皮毒を避ける。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑭】 病気になると、少しでも体に悪そうなものは、できるだけ避けたくなる。 当時、体中に赤い斑点のようなものが出ていた。頭皮にも出ていたし、抜け毛もひどく円形脱毛症だったし、髪の毛は細くハリもコシもなく切れ毛だらけだった。斑点は顔には出ていなかったが、柔らかいはずの頬が、カチカチに硬くなって赤かった。 ボディーシャンプーは止め…

続きを読む

再発の原因は電子レンジか。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑬】 ベッドを待つ2週間が一番大変だったのか、入院したら絶好調になった。わーい(嬉しい顔) 働かなくてもいい、ご飯は黙っていても3食出てくる、隣のベッドには「ねえねえ。」と話しかける話し相手がいつもいる。(長期入院の女の子に話し相手ができたと喜ばれました。)何の心配もない。秋の日差しが穏やかで、担当の看護師がちょっと意地悪な他は、快適だった。1日…

続きを読む

引っ越したが、再発!

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑫】 ワンルーム生活が長かった。キッチンは電気コンロが1口、小さなシンク、そしてまな板を置く場所がなかった。冷蔵庫は1ドアの小さいやつで、冷凍ができなかった。(食事に対する意識がなかったのがバレますね。^^;) 魚も焼ける広いキッチンの部屋に引っ越そうということで、今度は1DKに引っ越した。キッチンは約6畳。魚焼きグリルが付いたガ…

続きを読む

食品添加物を避ける。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑪】 病気になると本能的に思うのは、体に悪いものを避けようということで、ファーストフード、インスタント食品を避けました。さらには、食品はすべて食品添加物をチェックして買うようにしました。 図書館にあった食品添加物の本を数冊読みましたが、一覧表のようなのは付いていなかったので、一つ一つ本から拾ってエクセルに入力し、要注意、やや注意、…

続きを読む

思考パターンに気づく

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑩】 最初に通っていた漢方診療所の先生が亡くなって、仕方なく他を探して通い始めたある日、待合室は混み合っていて、ソファーも丸椅子もいっぱいだった。が、たった一つ席が空いていて、座ると目の前のテーブルに折りたたんだ新聞が置いてあった。 私はいつもは持参した本を読むのだが、新聞の場合は別だった。家で新聞を取っていないので、新聞があった…

続きを読む

食べ物に原因があると気づく

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑨】 大きな本屋によく足を運んだのですが、いっぱいある本の中から見つけた本は、石原結實著「クスリのいらない健康法 食べ物だけで病気は治せる、防げる」。石原先生の本は今ではどこの書店にも置いてある。テレビにもたくさん出演され、当選はされなかったけれどもついに選挙にも出馬なっさった。 1997年だから16、7年前、当時は全然知らなかっ…

続きを読む

ヨガですっきり

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑧】 近所のスポーツクラブのヨガに週1回通っていたのだが、膠原病になってからも通った。 膠原病になってからカレーを食べるとだるくなって起きていられなくなったり、関節痛がひどくなったり、耳の後ろのリンパが腫れたりするようになった。それまではよく食べていたので、おかしいなあと思って、何度かいろんなカレーを食べてみたが、何故か決まってだ…

続きを読む

整体に頼る。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑦】 すごく上手な整体があるよというので行くことにした。日本で整体院を開いたばかりの中国人の先生だった。日本語はほんの片言だったが、その片言で優しさが伝わってくる先生だった。そしてとても上手だった。 どこを押されてもとても痛かったが、不思議なくらいもみ返しが全然なく、施術後はお小水が信じられないくらいいっぱい出た。ダッシュ(走り出すさま) 多分、…

続きを読む

診療所の本棚

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑥】 その漢方の病院というか診療所には、本棚があって、先生が読み終わったものだと思うが、健康関係の本がいっぱい置いてあって自由に借りることができた。ノートに名前を書いて、戻したら日付を記入しておけば良いのだ。 あと、待合室のソファーのところにお勧め本がどこからかビニール紐で吊るしてあって、それはそこの場所でしか読めないのだが、運良…

続きを読む

漢方の病院

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!⑤】 膠原病とわかってすぐ、友達が知り合いが漢方の病院に通っているから行ってみればと教えてくれた。そこは保険も使えるという。 治療法がなく病院で薬をもらえない私には、心のより所がないのである。即、その漢方の病院へ行ってみた。4,5枚もあったかも知れない問診票に記入し、おせじにもカッコイイとは言えない、どちらかというと大丈夫かな~と…

続きを読む

妹からミキプルーン一式

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!④】 心配した妹が自分が買っているミキプルーンを一式、プロテインやらカルシウムやらビタミンEやら、混ぜてシェイクする容器やら、ダンボールに1箱送ってくれたので、ありがたくもらった。 そのおかげで、わりとすぐ、息切れせずに歩けるようになったのである。ぴかぴか(新しい) その後も、もう1箱、2箱?くらい送ってもらったかなあ。あんまりおいしくはなかっ…

続きを読む

最初の症状

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!③】 言い忘れたが、膠原病にもいろいろあって、私のは全身エリテマトーテスでした。 1996年、ある朝起きると、両手の指が曲がったままで固まり力が入らず、長い髪を縛る輪ゴムさえ開くことが出来ませんでした。手首が非常に痛くて、蛇口をひねることができず、トマト1個を持つにも激痛でした。肘がくの字に曲がり、うっかり伸ばそうとすると激痛が走りま…

続きを読む

まずは、早道のすすめ。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!②】 引き寄せの法則で、人は自分の波動に合ったものを引き寄せるそうな。例えば、冷え性の人は身体が冷えるような食べ物を好んで選んでしまうんだとか。だから少しずつ意識して思考&嗜好を変えて、波動が上がってきたらまたそれに見合ったものと縁が付く。グッド(上向き矢印) この繰り返しなんだと思う。いきなり完璧に実行するのは難しく、もし縁があったとしてもその価値がわから…

続きを読む

はじめに。

【膠原病が治った軌跡をぽつぽつと書いていこうシリーズ!①】 私が膠原病になったことについては詳しく書いていなかったなあと気が付いた。わーい(嬉しい顔) というのは、その頃は韓流に夢中だったので、韓流オタクブロク’アジャ!韓流。’をメインにして書いていて、こっちのブログは病気になってやむにやまれず健康オタクとなった裏の面でしかなかった。(それが今ではこっちがライフワークとなりメインとなってしまった。) あ…

続きを読む